ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜@こたつむり

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

発達障害児と行く東京観光。準備編

こんにちは。

夏休みになり、パソコンにむかう余裕(体力的にも精神的にも)もない日々でした。それもこれも、東京旅行があったから!!!

f:id:hirasol169:20180808043316j:plain

田舎者にとって東京ってものすごく遠いんです。距離的にということもありますが、精神的にも・・・。なんだか全てがテレビで見る世界なんです。

そんな中、昨年子供は「東京に旅行に行きたい」と言いました。

親的には「東京なんて修学旅行で行くところだよ」「ティズニーランドでいいやん」って世界です。まさか、都内の観光とは思いもよらず・・・。

でも、約一年がかりで計画をし、実行に移すことができました。

東京旅行!?二泊三日は必要じゃない!?

まず東京旅行を考えた時、二泊三日は必要だと考えました。もちろん一泊二日でも行けます。ただ、強行日程で行くには不安がありすぎました。なんてったって私たち夫婦もほとんど行ったことがありませんから・・・。

私が東京観光したのなんて独身時代、20年近く前の話です。夫に関しては修学旅行、結婚式、くらいしか行ったことがないのです。

ということで、ゆったりと二泊三日で余裕をもった旅を計画しました。

夫が三連休なんて新婚旅行と入院と正月以外初めて

子連れで二泊三日の旅行なんて初めてです。なので、まず日程選びから難航しました。子供も小学生なので学校があります。学校を休まず旅行するには長期休みしかありません。

春休み・・・夫→休むなんてとんでもない

冬休み・・・夫→正月休みだけで精一杯(正月は両実家必須)

夏休み・・・夫→なんとか・・・。

ということで、暑さで不安がいっぱいな夏休みに決まりました。また、夏休みでも連休が取れる週末が一択。決めやすいといえば決めやすかったのですが正直ヒヤヒヤしました。

夏休みのショートステイは予約殺到

寝たきりの子を一緒に連れて行くわけにはいきません。申し訳ないけれど今回はお留守番。ただ、ショートステイに預けるのですが夏休みは争奪戦。5ヶ月前に予約をしました。夏休みに預けたのは初めてでとれるかどうか不安だったので「早いよな」と思いながらもお願いしました。

夏休みの旅行予約はいつ頃するもの?

夏休みに都会にでることがないので、想像できません。社会人の時、お盆はホテルや新幹線がとりにくかったことがあったので「早めに予約しないとなー」とは思っていました。ただ、今回はどこでもいいわけじゃない。

春休み中にどこを観光するか、本人の意向を確認しました。

それをもとに、旅行社にレッツゴー。

新幹線の時間や宿泊したいホテルのエリア、等々を伝えて旅行社の方からいくつか提案してもらいました。(そして、決定したのが4月でした)

夏休みの旅行で、色々条件をつける場合はゴールデンウィークの前までには予約することをお勧めします。

 

どうやって見通しを立てる?親だって行ったことない、わからない。

旅のしおりを作る

準備の一つとして、旅行のしおりのようなものを作りました。修学旅行や自然学校などでは学校で「しおり」が作られますよね。そういったものです。

学校で作られるのとは違いますが下記のような情報を調べておきました。

◉行き帰りの新幹線路線時刻表

◉観光地の行き方と情報

◉地下鉄路線図

これらをあらかじめ一冊のノートにまとめました。

その中の「地下鉄路線図」に驚きました。目的地を探すだけで時間がかかる・・・。あらかじめ、利用しそうな駅をチェックして乗り換えもチェックして・・・。

この路線図の簡易版がガイドブックに載っていたのでこちらもコピーしました。こちらには所要時間や主な観光地が載っていたので便利でした。

子供優先親我慢

今回の旅は「子供の行きたいところ」がテーマです。親の行きたいところに行く余裕はありません。子供の行きたいところがあまりなければ親の希望を入れようかと思いましたが、予想に反して行きたいところがたくさんあり親は我慢しました。

せっかくの東京。親だっていろいろ憧れがあるんです・・・。夫もイベントがあったのでとても行きたそうでしたが、なんとか思いとどまってくれました。

まとめ 

準備は一人でウンウン唸りながら考えました。夫は日程を決めるだけであとは「よろしくー」なので・・・。変なプランを立てているとダメ出し必須だし、子供の意向を確認するのは骨が折れるし本当に大変でした。

それと同時に、子供たちの体調も心配ごとの一つ。ショートステイに預けるにしても体調が悪いと預けられませんし、旅行に行くにも体調が悪いと行けません。

夏休みに入って宿題と並行して体調管理というとてもデリケートな問題とも向き合い、母はヘトヘト。母の体調が微妙なままの出発となりました。(リポD飲んで踏ん張りました!)

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー