ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜@こたつむり

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

家庭の療育っぽいこと

発達障害児と行く東京観光。驚き編

こんにちは。今回は前回の準備編↓からの続きです。 www.hanahira.net たくさんの準備をして出発した東京観光。憧れの東京。 病院や療育、イベントなど、色々調べていると東京に集中しているので、いつも「いきたいなー」と思っていました。やはり田舎で障害…

発達障害児と行く東京観光。準備編

こんにちは。 夏休みになり、パソコンにむかう余裕(体力的にも精神的にも)もない日々でした。それもこれも、東京旅行があったから!!! 田舎者にとって東京ってものすごく遠いんです。距離的にということもありますが、精神的にも・・・。なんだか全てが…

勢いでnoteを使ってみました!図解の続きをしています。

こんにちは。もう五月も終わりですね。 四月は入学式やらなんやらかんやらで忙しい覚悟はできていましたが、五月も地味に忙しかったです。色々な検診があるので・・・。代表格は検尿です!!! 障害児二人の検尿がどれだけ緊張するか・・・。で、大抵うまく…

「図解」できたら視覚支援につかえそう。

こんにちは。入学式を終え、ぐったり疲れがでているところへスマホが壊れ・・・。散々なことがありましたが、色々と発見したこともありました。 ネットサーフィンをしていて「図解」というものを発見したのです。色々と難しい言い方もありそうですが、日本語…

親子でマインクラフトにどハマり中。

こんにちは。年度末になると、小学生の給食が早々に終了し、半日で帰宅することが増えました。そうなると、お昼ご飯の準備をしないといけないので大変ですね。いつも、美味しい給食を作ってくださる給食センターの方には感謝しかありません。欲を言えば、春…

コグトレ認知機能強化トレーニングを教えてもらいました

夏休みが終わり、二学期が始まるとヘビーな運動会の練習が始まっています。1日に4〜5時間も体育って・・・。そら、しんどいよ。 気合だけで乗り越えられません。そんな子供が帰宅してから、夕食とお風呂、できるだけ宿題もやらせて、早めに寝かすのがどれだ…

「今日っていつ?」昨日今日明日を理解するのは難しい。

こんにちは。 日常会話でよく使われる「昨日・今日・明日」これって、子供はいつ習得するのでしょうか?私は、子供が「わかっていない」ことがわからなかったので、よくトラブルになっていました。一番トラブルになったのは年長児。それまでは、「昨日・今日…

「ありがとう」がいえますか。子供は親の行動をとてもよくみています。

こんにちは。パソコンの故障から復活したにもかかわらずパソコンを開いていなかったのは単なる夏バテです。あまりの暑さに体がついていきません。 暑いとバテて、クーラー漬けになるとクーラーにやられるという悪循環。子供達が元気なことが救いなのですが、…

口頭指示は合計3まで。4つ以上は見える形が伝わりやすい。

こんにちは。まだ、パソコンの復旧見通しは立っておりません。かなしいです。でも、ずっと凹んでばかりもいられないので、最近気がついた法則?を紹介したいと思います。 子供と話をしたり、やることを説明したりする時、伝わっていそうな時とそうでない時が…

子供の「イヤ」には理由がある。ただ、それが中々わからない。   

子供が「もう、イヤだからやめる」と言うことをいうと「そんなこと言わないで」と言いたくなります。特に、どうしてもいってもらわないと困る場合など・・・。 幼児期は「イヤ」と言っても、何が嫌なのか、パニックなだけなのか、ただ叫びたいだけなのか全く…

療育が終了して2年。今感じていること。

3歳児健診が終了し、保健師さんと話をしたり診断が出たりしつつ近隣で唯一の療育へいっていました。田舎なので選択肢はなくここのみです。ですので、流れ作業のように行き着きました。「療育とはなんぞや?」「目的はなんだ?」など疑問を感じることもなく…

テレビで入学準備!?パート2 Eテレ「スマイル」特別支援教育・学級活動のための番組です。

1月も後半。入学式を前に、いろいろ心配事も出てきますね。 特に、支援を必要とする子供の親はなおさら。人間関係についていろいろと話をしてもなかなか聞いてくれない、わかってくれないものです。 テレビを見るだけで「なんとなく」何かを掴み取ってくれ…

とうとうきたインフルエンザ!見えないウイルスの手洗ってどうやって教えたらいいの!?

年が明けてから徐々にインフルエンザが流行り始めましたが、とうとう子供のクラスにもインフルエンザで欠席する子が出てきました。昨年は、学級閉鎖一歩手前までなったので、今年も気は抜けません。 さて、インフルエンザウイルスは目に見えません。目に見え…

テレビで入学準備!?学校生活と学習と。

そろそろ入学準備どうしよう!?と思う時期ですね。 学習塾に行ったり、入学準備のドリルをしたりと進んでいる子は進んでいます。 でも、みんなそんな風にできるわけではないですよね。 もちろん、けじめをつけて何かをすることも大切だとは思いますがまだま…

【発達障害の子のコミュニケーション・トレーニング】少し知っておくだけで違いがでてきます。

発達障害といっても全員が同じことで困っている訳ではありません。 診断名としては、自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、ADHD、 LD・・・。 いろいろ、診断名がつきます。 子供に、診断名がついた時、「ショックで絶望的な気分」にな…

使い古しの封筒の意味がわからない

使い古しの封筒を、宛名や送り主に線をひいて、お金を入れたり写真を入れたりして再利用することってありますよね。これって発達障害児にとって、とても驚くべきことだったようです。使って当然と思っていた私にとって、逆に驚きました。

テレビの付けっ放しはダメ?時計を覚えるのに使えますよ。

幼稚園や保育園抜き行く前、家にいる時など、テレビをつけっぱなしにしていることありますよね。だいたいEテレですが・・・。テレビの付けっ放しは色々気になることもありますが、効果的なこともあるので紹介します。

予定の変更が受け入れられないことはない!発達障害児の段取り力は結構高いんです。

「発達障害の子は、予定の変更が受け入れられない」って聞かれたことありますか? 本当にそうなのでしょうか? ま、「変更が受け入れられない」のは発達障害児だけではありませんし、 健常児だって大人だってありますよね。 多分、受け入れられないときのリ…

年寄りって?若いって?何歳くらい?って発達障害児が想像するのは苦手です

学校に来られた方の話をしてくれることがあります。その時に「男の人?女の人?」「眼鏡かけてた?かけてない?」は答えられます。でも「若い人?歳いってる?」は答えられないのです。普段よく使う表現が使えないと地味に困ることが多いです。

流行りに流されない。でも知っていると学校で助かるかも!妖怪ウォッチやPPAP!

数年前に妖怪ウォッチが流行り出した時、ちょうど年長あたりでした。まだEテレをみることがほとんどだった我が子は、妖怪ウォッチに興味を示すことはありませんでした。でも、「運動会のダンスの曲になるかもしれない!?」と、どこで放送されているか探して…

「トイレにいっていいですか?」ダメな時はどうしたらいいの!?

トイレトレーニング中「オシッコの時教えてね」と声をかけることが多いと思います。この時、子供はどんな風に教えてくれますか? 返答次第ではトイレに行けなくなってしまうことがあるので、発達凸凹さん要注意です。 「トイレに行ってもいい?」と言い始め…

「だいたい3時におやつ」は3時ジャストではないってわかる?

3時のおやつ。長い針が12になるのをいまかいまかと待っていますね。でも、外出していたりお昼寝のタイミングだったりで、3時ぴったりに食べる約束ができないときもあります。そんな時「だいたい」という言葉を使います。この「だいたい」と言う言葉、こ…

パスワードの大切さ教えた?ATMやタブレットを使う時に教えられますよ。

就学就園前の子供と一緒に出かける時、一緒にATMへ行くことありますよね。その時って、子供はどうやって待ってます?お母さんと一緒に画面をのぞいてますか? パスワードのことを教えるのはイメージがしにくいので難しいです。生活の中で少しずつ「大事なも…

【年中さん】発達障害児、アンパンマンショーへ行く

年中さんのころ、アンパンマンショーのチケットを手に入れることができたので初めてショーを見に行きました。遠いし閉ざされた空間だし不安でいっぱいでした。まだ、発達凸凹がどういったものかわかっていない時だったので今から思えば失敗の連続。 これを読…

発達障害児、回転寿司へ行く!ルールは行く前に確認しよう。

発達凸凹さん。回転寿司に行くって勇気がいりますよね。あ、連れて行く人に勇気が入りますよね。本人は、とっても行きたいと思いますしパラダイスだと思います。 そんな、パラダイス回転寿司に家族で楽しく行けるようになると娯楽が一つ増えます。楽しく外食…

具体的に伝えよう。「チョットここで待ってて」は伝わる?

こどもに「ちょっとここで待っててね。動かないでね」といって子供から離れる時ありませんか?小さい間なら一緒に入れたトイレでも、小学生前後になり性別が違うと一緒に入るわけにもいきませんよね。そんな時、たいてい「待っててっていったのに〜」という…

「〜しないと〜できないよ」二重否定はトラブルのもと!じゃあ「〜しない!」って言う時もありますよ

園や学校、家庭でもよく使う「二重否定」これ、発達凸凹さんにはわかりにくいって知ってました?「二重否定」とは、 ・手を洗わないとおやつが食べられないよ ・宿題しないとテレビは見られないよ ・トイレ行かないと車に乗れないよ などのような言葉使いで…

家族全員が「快適に寝ること!」睡眠は毎日の大切なこと。

就学前後、子供と一緒に寝てますか?もう別の部屋ですか?これって、分けたくても分けられない事情もあるので難しい問題ですが・・・。

家庭でやって見た療育的なこと「食べる」を要求する。

前回、「寝る」「食べる」が生活する上で大切だと思ったことを書きました。今回は、「食べる」ことでどんなことをしたのかを紹介します。

就学前は集団療育が必要と思っていたけれど、実際のところ家庭での療育の方が実用的かもしれない。

就学前には「先生の言うことがわかるかな」「授業がみんなと受けられるかな」「集団生活に耐えられるかな」など心配事だらけでした。

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー