ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

【リッチェル】トライスパウトマグは2way!スパウトからストローへの移行に最適!

こんにちは。どんどん寒くなりできるだけ家に引きこもっていたいこの頃です。でも、先日イオンへGO! 久々に子供用品を見ていたら、思わぬ優れものに出会い即買いしました。【リッチェル】のトライスパウトマグです。これ、本当に優れもの!

私はこんな商品を探していました。子供が使えるようになったら徐々に交換していこうと思っています。

 とろみがついていない飲み物はむせがちな子供

我が家の子供たちのうち、一人は日常生活のほぼ全ては全介助です。もちろん食事の介助もそうです。また、食事のうちおかずはブレンダーで潰し、ご飯はおかゆです。おかゆはそのままいけます。

飲み物は、スパウトマグに入れればほぼ飲めます。でも、のどが渇いたからといってごくごくいけるわけではありません。一口が多いとゴックンできないので、息をするときに口を開けて全部でてしまいます。(鼻で息ができなくて・・・)なので、いつも水分不足。

飲めるといっても、あまりにサラサラのお茶や白湯は苦手。ちょっととろみがついている牛乳やジュースの方が飲みやすそうです。(味の問題?)

ただ、ちょっと調子が悪いとすぐにむせるので注意が必要です。誤嚥性肺炎のもとなので・・・。

色々なマグを試す

我が家には色々なマグがあります。

f:id:hirasol169:20171202224228j:plain

コンビだったりピジョンだったり・・・。メジャーどころが揃っています。どうやったら一番よく飲めるのか色々試行錯誤しました。同じものがあるのは、園(お茶用)、園(牛乳用)、自宅用。プラス予備です。予備は必須ですよ。

以前、ショートステイに行きましたが持って帰るのを忘れたんですよ。で、片道一時間以上かかるのですぐにとりにいけるわけもなく・・・。安心して「次回まで置いて置いてもらえますか?」と言えるように予備必須なのです。

ストローでは一口の量が大きいのでスパウトで吸い上げられるタイプを待ってました

上記写真で色々試したのですが、ストローは吸うことはできますが吸った飲み物を飲み込むことができませんでした。おそらく吸い上げる量が多すぎるのです。哺乳瓶やスパウトの場合はストローほど一気に飲み物は入ってきませんから・・・。

それから何年もスパウトです。ただ、スパウトはマグをものすごく傾けないと飲めないんですよ。首がしっかりすわらない子供にこれを飲ますためには常にマグの中身は満タンにしておく必要があります。半分しか入っていないと傾けても角度によってはでてきませんから。お茶ならまだしも、牛乳やジュースは半分は飲めないのでもったいない・・・。

リッチェル トライスパウトマグ2way

f:id:hirasol169:20171202224951j:plainf:id:hirasol169:20171202225055j:plain


わたしは黄色の部分は外しています。あると傾けたときに子供の顔にぶつかるんですよ。取り外し可能なので、持ち歩くときにはすぐに取り付けられますよ。

f:id:hirasol169:20171202225120j:plainf:id:hirasol169:20171202225133j:plain

中身はこんな感じです。スパウトに吸い上げるストローがついているってうれしいですよね。もちろん、ストロー部分をはずして、今まで通りのスパウトとして使用することができます。

また、分解がしやすいのです。ガバッと全部外せるのは洗いやすいです。

毎日のことなので「洗いやすい」というのは大きなポイントです。

まとめ

あまり目的もなく子供用品売り場に行くことはなかなかありません。目的のものを購入してすぐに去るような日々なので・・・。でも、たまには一回りして便利な商品がないかをみると思わぬ発見があるんじゃないかなと思いました。

今回のマグは私にとって本当に欲していたものだったのでうれしかったです。ボトルもプラスチックとは思えないほど透明なのでまるでガラスのようです。オシャレ感アップ!!。

最初は、スパウトとして練習して、たまに大好きな牛乳やジュースを入れてストロースパウトにして飲ませています。スパウトで飲めるからといってスパウトストローがうまく飲めるとは限りません。地道な練習が必要です。でも、ストローマグよりはこぼす量が少ないんじゃないかなと思っています。

毎日、訓練訓練でもしかしたら食事も楽しめなくなったらどうしよう・・・という不安があるので、1日1度の食事の時に試しています。食事くらいは楽しくリラックスして食べさせてあげたい。でも、食事自体がリハビリでありトレーニング。

食事の準備だけでもぐったりなのに、そこから食事介助が入るから色々疲れることも盛りだくさん。また、もう一人は自分で食べられますが食事の形態にうるさい人。たまに「オエっ」と喉につめることもあり、こちらも目を離すことができません。

毎日、無事に食事が終わるとほっとしています。つ・つかれる・・・。

 

こんな気が張る食事時間だからこそ、可愛いマグで癒されるかな。

 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー