ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

夏の読書にどハマり中。「虹色のチョーク」を読んでこんな会社が増えるといいな。

こんにちは。毎日毎日暑いですね。もう、クーラーの部屋にいるのも体がだるいし、外は暑いし本当に辛いです。早く夏休み終わってほしい・・・。

 

さて、子供と図書館へ行ったのをきっかけに自分の読書への欲求が爆発しました。なんだか貪るように読んでいて、ご飯の支度に影響するほど・・・。ストレス発散に読書です。

 

f:id:hirasol169:20170729025606j:plain

以前に忘備録のような記事を書いていました。

 

www.hanahira.net

 こちらで書いていた

文庫本がでていたので、1、2巻を購入しました。で、2巻の後半になってきて「え、どうやって終わるの?」と疑心暗鬼になっていたら・・・。なんと、全巻4巻だったんですよね。もう、驚き。で、さらに驚きだったのが3、4巻は25日発売だったこと。

1、2巻を23日に購入していたのでまだ3、4巻は店頭にはなかったのです。

その後、発売日(25日)にも店頭にいきましたが並ばず・・・。そして27日に別のお店でようやく手に入れることができました。で、読破。

 

面白かったです。もう、次が気になって途中で中断するのが本当に苦痛でした。独身時代のように夜中に一気読みしたい・・・。今となっては眠たくて難しいけれど・・・。久々に本を購入し、とてもハッピーです。

 

そしてもう一冊購入しました。

<

こちらも読破。こんな会社が自分の街にもあったらいいなと思いました。創業一族の方の意識が高くて驚きました。障害児との生活していても色々とひっかかることはたくさんあるのに・・・。

先日NHK教育テレビのハートネットをチラ見しました。

www.nhk.or.jp

重症心身障害児が地域で生きるために、親亡き後も地域で生きるために、試行錯誤されているようです。目から鱗です。私は、自分の体力の限界がきたら施設にお世話になるしかないと思っています。今でも、仕事をせずにつきっきりなのにこれをお任せできるのか・・・。

ただ、今のところは地域とつながりをもっていたいし、「こんな子がいます」ということを知ってほしいので、上の子がいくところには大抵一緒にくっついて連れて行っています。ただ、特に特別なことはしていません。一般的な兄弟姉妹と同じように、上の子が行くところに下の子も一緒で、下の子が行くところに上の子が一緒で・・・くらいです。

地域の子供会の子たちは、上の子がラジオ体操に行き始めた時からずっと下の子を連れて行ってたのでみんな知っています。最初は興味あるけど遠巻きにみていて、そして「なんで歩かないの?」と聞いてきて、理由がわかると「ふーん」となり、それからは避けられるわけでもなく、過剰反応されることもなくいたって普通。

園でも、最初は運動会や発表会にバギーで登場すると観客席(保護者たち)がざわついていましたが、数年経つと知っている人の方が多くなるのでざわつきも減ってきました。慣れってすごいですよね。

 

あ、読書の話題なのにそれてしまいました。

あと、図書館で借りた本。

この本、以前も借りたことがあるような・・・。面白いんです。昔、仲間由紀恵さん主演でドラマ化されていたと思います。

www6.nhk.or.jp

このドラマ面白かったんですよ。多少本と内容は違ってたりしますがとても好きでした。BSだったんですね。これはすっかり忘れてた。そして全10回もあったことにも驚きです。

 

もう一つ、以前にも読んだけどもう一度読みたい本。

こちらも少し前の本です。これもドラマになっています。

www.nhk.or.jp

このドラマ、途中まで見ていたのですが全25回で長いのと次が気になったのでさっさと本で読んでしまおうと本で読んだような記憶があります。

なんとなくのストーリーしか覚えていないのでもう一度読みたい。多分、図書館にあるはず。

 

やらないといけないことも盛りだくさんなはずなのに、ストレス発散の矛先が読書になっています。読書は時間を取られるので極力控えていたのに・・・。

ま、でもストレス発散に「読書の夏」しようと思います。

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー