ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

ムーニーのCMを見て気持ちが切れそうになって中々回復に至らない

話題になったムーニーのCM。軽い気持ちで見始めて、さらっと見終わったけど、あとからじわじわダメージを受けています。新生児から乳幼児期を思い出したことと、これからも続く終わりの見えない介護生活という現実に「目をそらしちゃダメ」と言われたようでした。

 

 

 【新生児・乳幼児期】

夫は子供が泣いていても「うるさい」など言う人ではなかったので「泣き止ませなきゃ」ということはありませんでした。

ただ子供が夜泣きをしていても夫が目を覚ますことはありませんでした。また、子供が泣いても全く気にしなかったので、抱っこやオムツなどノータッチでした。

 

外野がうるさい場合はほっておかれることがとても楽だと思います。私も義実家宅に行くと「ギャー」と子供が少し泣いただけで飛んでこられたのでしんどかったです。

「どうしたの?」「何があったの?」と言われても「そんなんわからんし」と思ってました。だって、赤ちゃんの泣く理由って想像するしかないですよね。それをなんでなんでって言われても困ります。お義母さんも子育てしましたよね・・・。何度言いそうになったことか。

 【幼児・学童期】

そろそろ子供も一人で身の回りのことができるようになってくる頃。この頃になるとCMのような状態ではなくなってくるはず・・・。

でも。

我が家は寝たきりで全介助の子がいます。夜泣きはほとんどしませんが、少し調子が悪いと夜中に突然嘔吐したり、痰がつまり息がしにくくなったりします。なので、夜中も些細な音で目をさまします。また、そういう体調の時は熟睡しないように気をつけています。

夜中にケアをしていても夫は起きることはありません。仕事があるので身体を休めてもらうことが必要なので寝ててもらう方がいいのです。

でも、やっぱり「救急外来に走るべき?」「救急車呼ぶべき?」「朝まで待つべき」となると一人では不安です。起きてもらったからと言って「僕にはわからん」と言われますし、普段子供の様子を見ていない夫に判断してもらうことも現実的ではありません。わかっていても、夜中に一人でケアするのは不安が大きいです。

ただ、私が無職でいるのはこのためなので(もう一人の子のケアと)、一人で対処できるようにするのが仕事なのかもしれません。報酬ありませんが・・・。

【現実はまだまだ厳しい。でも私の終活だと思って色んな制度や支援を頼ります】

先が見えていてもしんどいワンオペ。なんのために私も子供も生きているのかわからない日々を過ごすこともあります。これが大きな波となって定期的に訪れます。

でも、今私がいなくなると子供達が苦しむ。一人はその日の食事から困ってしまう。せめて私がいなくなっても、慣れている施設に入れたり、お父さんと自宅で生活できるスキルを身に付いていたりするまでは頑張らないといけないなと思っています。

そのために、発達障害の子にはまず身の回りのことができるようになることを目標に!また、身体障害児は施設に連れて行く時の荷造りを誰かができるようにすることを目標に!

 

www.hanahira.net

 

 

www.hanahira.net

 【数日経って・・・】

気持ちがもやもやして書き始めたけれど、あまりにも気持ちが沈みすぎてパソコンを開けることもできませんでした。なんとか最低限の生活を成り立たせようと努力しましたが、洗濯物の山ができたり掃除機がかけられていない床にいろんなものが落ちていたりと・・・。まさに心の乱れのままに家も乱れていました。

やっと少し回復の兆しがでてきたので、パソコンを開いたり洗濯物の山を崩したりできはじめました。

ただ、学校行事・園行事が多い5月6月。

耐えられるか・・・。

【CMをもう一度見た】

すごく育児が大変だということがわかってもらえるかもしれないと思いました。やっぱり、「大変だったからこそいいんだ」というような雰囲気になってしまったのでしんどい気分になったのかな。なんだか、自然分娩の苦しみを経験してこそ・・・みたいなのと同じような感じの雰囲気で。

私は帝王切開だったので、自然分娩の苦しみは知りません。陣痛はや破水は経験しましたが・・・。出産後、「帝王切開は安全で楽に産めていいね。自然分娩は命がけだから」と、とある年配の女の人に言われました。私は帝王切開がとてもしんどかったです。なので、産後お腹の傷が痛いところにこう言われるととても辛かったです。

他にも、「手術」となるとみんな心配したり労ったりします。でも、帝王切開の場合は「赤ちゃんが生まれるんだから楽しみよね」と手術にむけての不安があると思ってもらえません。そして産後も、傷跡が痛いというのをわかってもらえません。

知り合いで、自然分娩と帝王切開と両方経験した人がいました。実際のところどっちがしんどかったのか聞いてみると「どっちもしんどかった」と言われました。しんどかった時点は違うけれど、どちらもしんどいポイントがあってどっちもどっちだったそうです。(まあ、帝王切開の人を目の前にして帝王切開は楽だったよとは言えませんが・・・)

女が女を苦しめる

あのCMをみて、いろんなことを思い出しました。

「自分もしんどかったんだから、次から楽になるなんて許さない」

こういった雰囲気を感じることがしんどいです。

そして、こういった言葉を吐くのは辛い経験をした女性が多いのです。もちろん、なにもわかっていない男性も言われると思いますが、女性からの言葉は特に刺さります。

自分も今しんどい思いをしています。出産もしんどかったし、子育てもしんどい。「あなたもがんばれるはず」「母親ががんばらないと」と言われるのはとてもしんどい。

まとめ

単なるオムツのCMです。

なのに、いろいろなことを考えてしまいました。

色々と見ている中でこんなページに出会いました。

twitter.com

これを見て、涙。

私も子供と一緒に踏切で待ってる時に、車掌さんや乗客の方が子供に手を振ってくれて子供が大喜びしたなとか、敬礼をした子供に敬礼で返してくれた警察官の方に感謝したことがあったなとか、コンビニでソフトクリームをモジモジとなかなか注文できない子供を気長に待ってくれた店員さんに感謝したなとか・・・。

このページをみて、一人じゃない。暖かく見守ってくださっている人がいるんだ。と思い出すことができました。

一通り気持ちも落ちたので、そろそろ通常運転にもどれるよう切り替えたいなと思います。ぐずぐずした愚痴にお付き合いくださりありがとうございました。

 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー