読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

「ママのスマホになりたい」という絵本を読んで。

体調もだいぶん回復したので、絵本でもめくってみる気になりました。子供ができてからはあまりゆっくりと本が読めませんが、私は本が好きです。絵本も漫画も漫画も漫画も・・・大好きです。

で、心に刺さる刺激的なタイトルの絵本を見つけました。

f:id:hirasol169:20170419103442j:plain

 

 ママのスマホになりたい

どんな絵本かと言いますと・・・。といっても、タイトルをみるとだいたいどんな内容か想像つきますよね。これは、親子で読むというよりも、園で先生が園児に読んだりするのでは・・・と思いました。

「みんなの家ではどうですか?」とか・・・。

子供たちは家のことをじゃんじゃんしゃべりますので、こんな絵本の後にはさぞ家庭の暴露大会になっているのではないかと思います。

 

さて、どんな本かといいますと・・・。

もう、内容紹介をみるだけで頭が痛い痛い。

ママ、もっと ボクのこと見て!

世界中が感動した、シンガポールの小学生の作文『スマホになりたい』を元に、
人気絵本作家・のぶみが描く、全国のママに読んで欲しい一冊!
「ママね、かんたろうが おもってるより、ず〜〜っと かんたろうのことが すきなのよ」

ちょっとだけ、スマホを置いて、子どもの顔を みてみよう。
そこには、気づかなかった 笑顔がいっぱい あるはず。

お料理が終わると、スマホ。赤ちゃんをあやした後は、スマホ、テレビを見た後は、スマホ……。ママは、スマホばっかり見てて、全然自分のことを見てくれない、と困っているカンタロウ君がしたこととは……。
人気絵本作家・のぶみが描く、ママがわが子をぎゅっと抱きしめたくなる、ちょっぴり切なくて、あたたかい絵本。

 

出典:Amazonより

電話はよくてスマホはダメ!?

この説明文を見て、「あー気をつけないと」「そんな事言っても、連絡くるし」「急ぎで返事しないといけないLINEがきたし」・・・って色々思いますよね。

昔は「電話」だったものが、全部メールやLINEになったんですよ。

相手のことを考えて。

なのに、返信が遅いと乗り遅れることもある。

こうなると、スマホがなったら反応してしまいますよ。

だって、電話がなったらたいていの手をとめてでますよね。それは注意を受けないのに、スマホの場合は注意を受けるんですよ。頻度の問題だろうけど・・・。

 

どこに言っても「スマホに子守をさせるな」的なポスターだらけ。

でも、「子守アプリ」「知育アプリ」みたいなものがどんどん出ているのに(無料多数)それを使うなって無理ですよ。そのうえ、小学生からプログラミングとか始まるらしいし、電子機器に慣れてた方がいいのかな?とかも考えてしまう。

あ、これは絵本の内容からははずれてますね。すみません。

どうしてママばっかり?

どうして、ママと息子のパターンが多いんですかね。息子は彼氏みたいっていう人もいますが、息子は大切な象徴?さすがに、息子が彼氏みたいとか思えませんが・・・。

(こんなうるさい彼氏は勘弁)

で、どうしてママばっかり注意されないといけないんですかね。

子供と一緒にいて、スマホを見ない時間を測るとママが勝ちそうですが。仕事が忙しい(場合が多い)パパの場合、子供と一緒にいる時間はママよりも極端に少ない(場合が多い)と思います。で、その少ない時間、パパはスマホを手放していますか?ママはチラ見だったとしても、パパはガッツリ見だったりしませんか?

もう、ママばかりせめないでほしい。

あ、たかが絵本にそんなに反応しなくても・・・かもしれませんが、反応するくらい追い詰められています。

もう、「パパのスマホになりたい」とかもでたらいいのに!!!

 

 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー