ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

もうすぐ、新学期、入園式。変化が多い4月に花粉攻撃を受けるとさらにダメージ大です。

気がつけば、もう4月4日。あ、4月2日が世界自閉症啓発デーだーと思って、その頃に何か書ければ・・・って思ったりしましたが、いつの間にか過ぎていました。とりあえず、いつものジーンズを履いていたのでブルーは身につけていたかな・・・。

でも、身近なところではブルーは見かけなかったですね・・・。市の健康課のようなところでオレンジリボンはよくみるのですが。これって認知症の理解に使われていたと思います。うーん。やっぱり、子供が少なくお年寄りが多い過疎地域ではブルーよりオレンジですかね・・・。

 

f:id:hirasol169:20170404154429j:plain

 

 新学期の準備

我が家の新学期の準備を紹介します。

毎回、長期休暇の時には、始業式前に荷物を持って学校に行っています。

先に、荷物を持って行って楽をするためと、先生と事前に顔を合わせておくためです。(新学期の場合は、前学年の先生と顔を合わせています)

なぜ、先生を顔を合わせておくのか・・・。

やはり、久々に学校へ行くとなるとそれなりに不安なことが多いようです。少しでも不安を減らすために、「荷物を持って行く」ということを口実にして、学校に行っています。2、3学期の最初の時は、自分で教室まで行って荷物を置き、教室や机、黒板などをチェックしていました。(大雑把で適当なくせに、細かいことはものすごく細かい)

新学期の場合は、教室へ入らず、先生に荷物を渡し、春休みをどんな風に過ごしたかを話して帰っています。我が家の場合は、事前にクラスや先生を教えてもらっていません。理由は「始業式で担任の先生を教えてもらえる」「クラス名簿が張り出してある」ということで納得したので、教えてもらわなくても大丈夫でした。ただ、クラス名簿が張り出してある場所は教えてもらいにいきました。

他には、新聞で先生の異動をチェックしました。異動先ものっているので毎年とても重宝しています。

今年も、始業式の前日に学校へ行きます。これで、進級準備がOKなはず・・・。

あとは、無事に登校してくれることを祈るのみです。

入園準備

これは、今まで色々と話し合いを重ねていましたが、3月に破綻し、暗闇の中もがいていました。でも、新年度になり、やっと一気に進み始めました!!!

もう、入園式まで一週間もありませんが、やっと持ち物や登園方法の具体的な話をすることができました。これで、袋類を縫い始められます!!!

あ、袋類はもっと早くできたのですが、なかなか「やろう!」って気になれなくてズルズルと今まで引きずっていました・・・。でも、生地や紐は買ったのであとは縫うだけ。苦手だけど縫わないと・・・。

(なんで、袋の大きさって細かく決まってるんですかね。もう、裁縫嫌いには苦痛で仕方ないです・・・あー既製品で済ませたい)

他には、大型の荷物を持って行きました。ま、天気がいい時に運んでおく方が無難ですから・・・。肢体不自由の子供にとって、椅子一つにしてもみんなと同じものには座れません。親が購入して持参します。

かなり大きいので、入園式だと目立つ目立つ・・・。準備はできるだけスマートにいきたいものです。

準備に神経質なのに花粉が・・・。

それなりに、神経質になっているのにいい天気で花粉が飛びまくるとダメージ大です。気持ち的には、天気がいいし、暖かいし、いいのですが、くしゃみや鼻水、痒みなどには勝てません。ミシンの最中にくしゃみがで始めたら、本当にイライラするんだろうな・・・。そのうえ、乾燥して皮膚も痒いし、辛い体に追い打ちをかけられているよう・・・。

自転車の練習にもつきあわないといけないのに、この花粉、早くおさまってほしいな。雨が降ると自転車の練習もできないしなー。暖かくなって色々できそうなのに、体がついてこないこの頃です。

まとめ

何度も何度もつぶやいているような・・・。ただいま、春休み。

早く、学校や園が始まって束の間の休息のひと時がほしい!!!

座ってご飯が食べたい!

熱いコーヒーが飲みたい!

ゆっくりブログを見たい!書きたい!

 

子供達が、学校や園に行ったからといって、そこまで時間があるわけではありませんが、せめて座ってご飯と熱いコーヒーは勝ち取りたいです。

または、夜に時間をとりたい!

最近、なんだかんだと作業しながらこたつでダウンして、気がつけば早朝、のパターンになっています。きちんと布団で寝るということも大切と思いつつ、ほとんど毎日コタツにお世話になっております。

さあ、もう春。コタツをしまって、気持ちを変える必要もあるかもしれない・・・。

コタツとの別れはかなり辛く切ないものです。

 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー