ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

20年をつづる母子健康手帳が届きました。思ったよりもコンパクト。

昨日(2017.2.4)に、風間書房さまより届きました⭐️

なんと、宛名も振込用紙も手書きです。

ホームページに「受注休止」などのお知らせがでている時期もありましたが、確かに手書きで処理をされていたら、発送作業がパンクしてしまったのではと思いました。

f:id:hirasol169:20170205102044j:plainf:id:hirasol169:20170205101848j:plain

 20年をつづる母子健康手帳の大きさ

母子手帳の大きさは、自治体によって異なっていて大まかに3種類あります。

S・・・約15cm×11cm

M・・・約18cm×13cm

L・・・約21cm×15cm

 

そして、20年をつづる母子健康手帳は

【サイズ】

横:12.5cm
縦:18.2cm
厚さ:約6㎜

こちらの大きさですので、Mサイズになります。

写真は私の自治体の母子手帳(S)と比較しました。

 

厚さは、使い込んでいる手帳と新品の手帳とでは比較にならないですね・・・。

一回り大きい部分は、すべてのページに3行分のメモ欄があるかだと思います。

検診のページだけでなく、情報がかいてあるページにもメモ欄があるのは便利ですね。

便利な予防接種カレンダーページ

個人的にはこのページがとても嬉しいです。

今までの母子手帳、自分の自治体の分ですが予防接種の記録ページはあります。

しかし、ワクチン別に記録するので「どのワクチンが期限内に終わっていないか」がページをみるだけではわかりません。

 

つまり、1回目2回目とありますが、2回目をいつ打つのかの予定は書いていないので、「打ち忘れ」なのか「まだ、打つ時期ではないのか」がこのページだけではわからないのです。

もちろん、後ろの方に予防接種カレンダーもあるのですが、照らし合わせてみる必要があるのです。

 

しかし、20年をつづる母子健康手帳は(見にくくてすみません)

f:id:hirasol169:20170205101756j:plain

カレンダー形式で予防接種が書いてあり、何月何日に受けたかメモることができるのです。そして、1回目2回目の接種期間も一緒に確認できるのです。

定期接種と任意接種(ロタウイルス、おたふくかぜ、インフルエンザ)の欄もあります。

このページを見れば(記録していればですが)一目で

「いつ、何をうけて、何を受けていないのか」がわかります。

子供が2人になって、どっちが何を受けていないのかが混乱しているので(多分2人目は何か忘れてる・・・)、早めにこのページを埋めてしまおうと思います。

妊婦の記録欄が増える

自分の母子手帳の妊婦の記録欄は、血圧や体重、尿蛋白などの妊娠中の検査の記録を病院で書いてもらうページと、妊婦の職業・環境、今までの妊娠、妊婦自身の記録(最終月経、初診日、胎動を感じた日、予定日)を書くなど、数値、日付の記録が主でした。

妊娠中の経過の右下あたりのちいさなページに、親の気持ちを書いておきましょうという欄がありますが、そこも検診結果の数値が書いてありました。

 

ですが、この手帳は妊娠3ヶ月から10ヶ月までの妊婦のメモをかける場所があり、その時期に確認しておくことや相談しておくことが書いてあります。

f:id:hirasol169:20170205104955j:plain

これがあれば、

「次の検診でこれを聞こう」

「なんか、お腹がいたかったことをメモしておこう」

など、今の自分の状況と合わせたページに記入しておけるので書きやすいです。

また、空欄でも許される感な余白なので「書かないといけない!」という強迫観念も少ないかなと思いました。(基準は自分なので感じ方は様々かと思いますが)

6歳〜20歳のページ

この部分を記入するスペースができたのが大きいですが、ただでさえ3歳以降はほとんど放置されているような状態(私だけかもですが)なのに、20歳まで書く欄ができると重すぎる!と感じる方もおられると思います。

 

私はかなりのズボラだということもありますが、自分の感覚では6歳まででも20歳まででも大して気持ち的にはかわらないなと思いました。

6歳から20歳までのページも結構サラっとしているので、空白でもそんなに心苦しくないですよ。(大雑把な人にとっては・・・)

f:id:hirasol169:20170205110252j:plain

ただ、色々と福祉とかかわっている子供の場合は小さいことをメモするのにとても役に立ちます。

小学校入学だけでも、2年ほどまえから準備しますし、大きな病気とか入院とかメモしておくととても役に立ちます。

入院中は「こんなに大変なこと忘れるわけがない」と思っていますが、数年経つとやっぱり忘れているのです。入院の記録を書くだけでも立派な貴重な記録です。

 まとめ 

20年をつづる母子健康手帳、注文殺到する理由が手にとってさらにわかった気がします。私は3人目の予定はないので自治体からいただくことはないと思いますが、もしこれから妊娠するとしたら、この母子手帳は無知な自分にはとてもいいものではないかと思いました。

 

自分の自治体も、この母子手帳も選ぶことができるようになったらいいなと思います。子供らの関係で市役所や保健師さんとのつながりは深い方です。こういった母子手帳があるということをお伝えしようと思いました。

 

 

 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー