読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

【アプリ紹介 Android】おかんアプリ 長時間スマホに注意報・警報・特別警報

みなさん、スマホ依存気味になっていませんか?

このアプリは、OSAKAスマホサミットで大阪府内の小中高校生がスマホの使いすぎ

防止を目的に作られました。この企画を子供が考えたところに意味がありますね。子供たちも「やめたいのにやめられない」という思いを抱えてるんだなと思いました。

f:id:hirasol169:20170118105603j:plain

 OSAKAスマホサミットとは

企画をしたOSAKAスマホサミットとは、大阪府内の小中高校生約60名(14校)がメンバーです。

大阪府/H28年度 大阪の子どもを守るネット対策事業の取組について

 コーディネーターとして兵庫県立大学 竹内和雄准教授や学生サポーターとして兵庫県立大学、大阪教育大学、関西外国語大学の大学生が参加されています。

スマホサミットで行われたこと

・大阪府内の小中高校生約4万人にスマホの利用実態のアンケートを実施

・アンケート結果を踏まえ、適切なスマホ利用の啓発を考える

○啓発動画4種類

○言葉では伝えにくい気持ちをあらわすSNSスタンプ

○小学生にも理解しやすい紙芝居

スマホの長時間使用を防止するアプリ「おかんアプリ」

おかんアプリ

おかんアプリって、まず名前がおもしろいですよね。ただ、「おとん」じゃなくて口うるさいのは「おかん」なんだなと思いました。

ヒョウ柄エプロンにおたまとフライパン装備って、大阪のおかんって感じです。

play.google.com

f:id:hirasol169:20170118111351p:plain

画像:APPLION

http://applion.jp/android/app/com.dena.app.usage.watcher.osaka/

こんな表記になります。

大人もスマホの使い方を見直す必要がありそう

子供だけでなく、大人も使いすぎていませんか?

私はアラフォーです。出産まではゲームが大好きだったので、かなりのゲーマーでした。今でもしたくてしたくてうずうずしています。でも、やめられないことを知っているのでやっていません。

でも、スマホは電話機能、メール機能があるので、常に持っています。つまり、いつでもゲームなど娯楽に使用できる状態にあるのです。

やはり、ついつい見てしまうし、ついつい決めた時間に終われません。

大きな声で子供にいえない・・・。

まとめ

この「おかんアプリ」私も入れたいくらいです。(私のおかんもけっこう口うるさかったなぁ)ただ、残念ながらAndroid対応なので私は入れることができません(残念)

毎日新聞には目標1000ダウンロードと書いてあったのですが、すぐに達成できるのではないかと思いました。

 

こんなアイデアを子供がだして形にするって、バックアップしている大阪もすごいですね。是非とも、iPhoneでも利用できるようになれば・・・と願います。

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー