ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

【就園就学前にオススメの本】みんなのためのルールブック ロン・クラーク

来月あたりから、公立校では入学説明会・入園説明会が始まるのではないでしょうか?準備物に頭を悩ましておられると思いますが、それは説明会まで待ってても大丈夫!

こどもの気持ちの準備を本でしませんか?

f:id:hirasol169:20170117104035j:plain

 みんなのためのルールブック あたりまえだけど、とても大切なこと

この本をご存知でしょうか?数年前に流行ったような気がしますが・・・。

 

この本の50のルールは、子どもたちが いきいきと学校生活を送れるように、社会にでてからも 充実した人生を送れるようにとの願いをこめて、つくられました。

なぜ これらのルールを守ることが大切なのか、学校で、ご家庭で、ともに考え話し合ってみましょう。 

 ということが最初に書かれています。

つまり、やって当たり前、やっていた方がいいことがわかりやすく書いてあるのです。

親は子供に上手に説明できる?

この本の中には50のルールが書いてありますが、その中で、

・しかられている人の方をみない

・自分からご褒美をほしがってはいけない

・人の成績を言いふらさない

というのがあります。これらのことに「どうして?」とこどもに質問されたら「そういうものなの!」と答えるのではなく、丁寧に説明ができますか?

この本には、

まず、やっていはいけない行動と、そういう時にどういう行動をとると良いかが書いてあります。

その後、「なぜ」やってはいけないのか、が説明されています。それも簡潔です。

そして、すべての漢字にふりがながふってあるので子供一人でも読めます。

すぐに理解するのは難しいけれど・・・。

50のルールをみていると、小学校に入るまでに身につけてほしい!という気分になります。でも、そんな、硬く考えてしまうと子供はこの本をみるのも嫌になります。

3回くらいは、適当に読み流すだけでよいです。

「へーこんなことが描いてある」くらいで。

ルールだけをよんで、解説を読まなくてもよいです。

とにかく、この本が嫌いにならないように、でも、ちょくちょく読むようにしていると、自然と頭に入っていくのです。

 

きっちりは覚えていないかもしれません。でも、記憶の片隅に入っていきます。

学校の道徳の時間にこういったことをするかもしれません。そんな時に、記憶の片隅からでてくるかもしれません。

まとめ

呪文のように、お経のように、「なんか言ってる」くらいで読むのにいい本です。私が読んでいるのはこれですが、

 

こちらのような本もあります。あたりまえだけど、とても大切なことの方が、直接学校に関わることかもしれませんね。

 

物理的な準備ももちろん必要ですし、とても大切で大変なことです。でも、まだ、何をそろえたらいいのかわからないこの時期。こどもの生活の準備をはじめてみませんか?

「もらったプレゼントに文句をいわない」とか、助かりましたよ!

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー