読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

【アプリ紹介】絵カードタイマー 「今、何をいつまでするの?」が視覚的にわかります。

「今は、何する時間?」よく、子供に聞きませんか?

ご飯の最中にスプーンを落として拾う為にいすから降りたら、さっきまで遊んでいた おもちゃが見えて、スプーンを置いて遊んでしまう。

着替えをしていて・・・ 外出する準備をしていて・・・

何かをしている時に、ふと違う事に気を取られ本来やっていた事を忘れる。

日常茶飯事で起こる事ではないでしょうか?

子供がやりたくてやっていることではないと、どうしてもそうなりがちです。 せめて、「何をしていたか?」を思い出せたら、親のイライラも多少減りますよね。

 

絵カードタイマー

絵カードタイマー

  • Ryuta Yoshitake
  • 教育
  • 無料

このアプリは、タイムタイマーと絵カードを同時に表示させる事が出来ます。

また、絵カードもiPadで写真をとり、その写真を使う事が出来るので簡単に作れます。 タイムタイマーで、よく赤い表示がどんどん減っていきますよね。 この、赤い色が嫌な子もいると思います。 このアプリは、減っている表示の色も変えることが出来ます。これって、とても嬉しい機能!!

他にも、終了時のアラーム音を「電子音」「録音した音声」「合成音声」から選べたり、終了時に、文字メッセージを出すことも出来ます。

アラーム終了時のメッセージの録音もアプリの設定画面でできるので簡単です。 なんと、これが無料なのです。

療育施設でよくタイムタイマーを見かけます。 大きくて、赤くて生理的に受け付けない子もいます。 また、 「好きなことをやっている時間を終わりを示す」 「嫌のことをどれだけやるかの時間を示す」 ことに使われるため、タイムタイマーを見ただけでいやがる子もでてきます。

そうならないためにも、「タイムタイマーが何をするものか?」が感覚的に わかるようになるまでは、 「おやつまであとどれくらい?」 「出かけるまであとどれくらい?」 「好きなテレビがしているのはどれくらい?」 というような、楽しいことに使うことをお勧めします。

オススメはカップラーメンを作るときに3分のタイマーをタイムタイマーですることです。我が子は、カップラーメンを食べるときはタイマーを自分でとりにいってセットしています!!

 

早く、時間を守って自分で行動できるようになってほしいと思いますが、 そんなことは、「無理!」です。 だって、我が身を振り返ってください。

目覚ましで自分ですぐに起きていますか?

もうチョット、といってスマホの画面を開いていませんか?

おもしろいテレビに釘付けになって、切れなくなっていませんか?

大人もできないことを、子供に完璧に求めるのは酷です。

確かに、大人は「ここぞ!」と言う場面ではきちんとできて、 子供は「ここぞ!」というところで出来ないから大人はイライラします。

でも、子供にとってそのときは「ここぞ!」という場面なのでしょうか?

大人の都合と子供の都合は違うのです。 なので、大人が思うようには中々動いてくれないのです。 ただ、いつかはできるようになります。

その時に、タイムタイマーが使いこなせていたら、うっかりミスは減りますね。

あと、どれくらいで学校にいかないといけないか見える

今は、学校へ行く準備をする時間だ タイマーがなくなるまでに準備をしよう

出発の時間がきた、「いってきます」

となれば、はなまる。 ここまで、すばらしい人は何もいうことがありませんが、 ただ、絵カードタイマーを動かしていると、

親:「今何する時間?」

子:「わからん」

親:イライラ!!

子:「だって、忘れたもん」

親:「○○って言ったでしょ!!」 の会話が、

親:「今何する時間?」とiPadを指差す

子:iPadを見て「あっ」 と気がつくかもしれない。

そうすれば、嫌な会話が減りますよね。 嫌で、生産性がない会話は減らすにこしたことがありません。 「視覚化」「見える化」して、不毛な会話を減らしましょう。

グジグジ、ガミガミ言っていると、返ってくる言葉は 「うっさい!!」のみです。 アナログ時計型のタイマーがあまり理解できていないようであれば、もっと単純なものもあります。

絵カードカウンター

絵カードカウンター

  • Ryuta Yoshitake
  • 教育
  • 無料
こちらは、大まかに時間が減ってくるのがわかります。 ぴったりの時間でない方が好きな方には、こちらの方をおすすめします。 無料ですし、試されてはいかがですか?

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー