ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

乳幼児健診・就学時健康診断で「発達障害」の疑いを指摘されたら、どうする?答・保健師さんを頼る!

一歳半、三歳児、就学時の健診あたりで、発達障害を疑われて個別に声をかけられるときがあります。 もしくは、医師の診察時に「精神異常」と書かれるショッキングなこともあります。 そんな時、保健師さんを頼りましょう!

f:id:hirasol169:20170106000907j:plain

 保健師さんは健診後のフォローをしてくれます

前回記事でも「保健師さんと顔見知りになろう!!」と書きました。 自分で、病院を選び、医師と話をして、療育施設を探し、申請・契約、学校とのやりとり・・・。 これを一人でやるのはとてもしんどいです。 なので、自分がわからないこと、腰がひけることは、詳しい人に頼るのが一番です。

でも、ま、ないとは思いますが・・・。他人に丸投げはダメですよ!!

住んでいる地域にもよりますが、発達外来をされている病院や療育施設は限られています。 つまり、地域で行動しようと思うと、ほとんど選択の余地はありません。 なので、保健師さんも同じことを毎年されているのでよくご存知です。 安心して、頼りましょう。

保健師さんのデメリット、でもメリットにもかえられます!

 

保健師さんは市の職員です。なので、地元の方がほとんどですよね。守秘義務が課せられているので他人に話すことはされませんが、保健師さん自体に詳しいことは知られたくない!と思われる方もおられると思います。

いろいろな理由から「地域で受けたくない」というかたもおられます。 そんな時も、その気持ちを保健師さんに伝えるといいです。

特に、家族や祖父母など、身内の反対はよくあることです。

「そんなわけがない」「育て方が悪いだけ」「責任転嫁するな」「なんでも病名をつけたがる」・・・。 こんなところでしょうか。 なので、地域で病院にかかると噂がまわり、せめられる可能性もありますよね。

自分の思いと、家族の思い、なども含めて相談するといいです。 もしかしたら、他地域の情報があり紹介してもらえるかもしれません。

保健師さん以外にも相談できる人を増やそう!

誰にも相談できず、ネットの前に座るだけでは親がどんどん病んでいきます。 とてもしんどい事ですが、一人で抱え込まず、まずは相談できる人を増やしていきましょう。 保健師さんから医師や療育センターなどを紹介してもらえば、相談できる人が増えます。 相談できる人が増えると、自分の相談しやすい人を選ぶことができます。 そうすれば、入ってくる情報も増えます。

インターネットにも頼って、書籍にも頼って、人にも頼っていきましょう。

こちらの本が、とても分かりやすく書いてあります。

「生きづらさ」を軽減し、「生きやすく」なるためにどんな支援が必要かが解説してあります。 もちろん、基礎知識や子供との上手なつきあい方、小学校での生活のことなども書いてあります。 本だけを読んで判断してしまうのは危険な事ですが、知識として知っておく事は大事です。

「発達障害」という言葉をきいて「よくわからん」「なにそれ」「なんかこわい」と思われたら いちど、本を読んでみられる事をおすすめします。 案外、「昔のちょっと変わってたあのこ、これやったんやろか?」みたいな感覚です。

診断が出て、もう少し特化して知りたくなったら、いろいろとシリーズの本がでています。 すべてを実践するのはとてもとても難しい事ですが、 1つくらいならできることもあるはず。(毎日はできないと思うけど・・・by心の声)

まとめ

・頼れる人をふやそう!

・自分も知識を増やそう!

・情報を集められる環境をつくろう!

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー