ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

発達障害児、回転寿司へ行く!ルールは行く前に確認しよう。

発達凸凹さん。回転寿司に行くって勇気がいりますよね。あ、連れて行く人に勇気が入りますよね。本人は、とっても行きたいと思いますしパラダイスだと思います。

そんな、パラダイス回転寿司に家族で楽しく行けるようになると娯楽が一つ増えます。楽しく外食できるようになった我が家の方法を紹介します。

f:id:hirasol169:20170106001641j:plain

 初めては大好きな祖父母と。間に挟んでがっちりガード!

初めては、孫に超甘々のおじいちゃんおばあちゃんと3人で行きました。孫の特性のこともよく知ってくれているので安心して任せられました。でも、パラダイス回転寿司は何が起こるかわかりません。色々なことをさせてやりたいおじいちゃんと母との間で行く前に入念に打ち合わせをしました。

祖父:回転寿司は自分でお皿をとるから楽しいんだ!!自分でとらせてやりたい!

  :カウンターで3人並んで座るのが、よく見えるしとりやすい!

 :落としたり、やっぱりやめたがあると怖い!触らせないで!

  :カウンターでお皿が近いと何が起こるかわからない!テーブルにして!

こんなやりとりの結果、

・カウンターに並んですわる。お皿は祖父母がとる。

ということで、決着しました。事前の裏方の話し合いは重要です!

 

 出発前にルールの確認 

回転寿司へ出発する前に、子供と祖父母とで約束をして行きました。

・まわっているお皿は触らない

・まわっているお皿に顔を近づけない

この2つが守れたら、(多分)楽しい外食ができると思いました。今までも、回転寿司以外で外食をしていたので、この2つが守れたらいけるはず・・・。との思いで。

ここでの注意点は、出発前にルールの確認をすることです。お店に入る直前や、道中に話をしても、もう頭は回転寿司でいっぱい。になっていることもあります。もう、「守れないなら今日は行きません」と言えないところまできてからルールの話をするのはやめましょう。

「これ!食べたい」と言ったら、とる。

お皿は自分でとらないという約束をしているので、「これが食べたい!」といったらとりましょう。そうでないと「取ってくれないなら自分でとる!」ということになりますから・・・。明らかに「むりじゃない!?」と思われる時は、「これは○○かぁ」と解説っぽい同意っぽい相槌をうってみるのも1つの手です。

「これは、辛子明太子かぁ」

と、言った時に「え!?からし!やっぱりやめとく」となったこともあります。ネタが何かわからない時は教えてあげましょう。

ただ、食べたことのないものは好きか嫌いかわかりません。大人は経験から「これは無理」「これはいける」を判断しますが、こどもはまだ判断が難しいです。後学のために、「自分で選んだけどこれは失敗だった」という経験をしておくことも必要です。

次は、お母さんと2人で。

おじいちゃんおばあちゃんで回転寿司がクリアできたら、次はお母さんと二人で!お父さんが一緒にいける家は一緒がいいですね。

お母さんと行く時も、行く前にルールを確認します。そして、「どうやったっけ?」と教えてもらうようにするのも1つの手です。「おじいちゃんとおばあちゃんと行った時は〜だったんやで」と嬉々として話してくれます。

お母さんと2人のときはカウンターでもテーブルでもどちらでもお母さんが好きな方に座ったらいいと思います。ただ、祖父母と行った時よりもダレダレだったりグズグズになる可能性もあるので、広いテーブル席の方が安心かもしれません。

楽しく外食をするために

外食って楽しいですよね。でも、マナー1つでトラウマになることもあります。まずは、子連れが大半!というようなチェーン店などからスタートして親も子も慣れていくと良いです。でも、

「なんで、あの人ご飯食べながらスマホみとるの?いいの?」

「なんで、あの人はごはんいっぱい残してるの?いいの?」

「あの人、ひじついて食べとる。いいの?」

など、するどい指摘をそこそこ大きな声でするのでとっても辛い時もあります。でも、こどもが言っていることもあながち間違いではないので・・・。「そんな人もあるんだよ」「そんな時もあるんだよ」となんとか話しつつ「早く帰りたーい」と焦りながら食べることも多々あります。

そうこうしているうちに、どんな席に座ればいいのか?とか、時間帯とか、お店とか・・・。親も色々賢くなっていきますよ。まだまだ親も成長期(笑)

 

楽しく外食したいですよね〜☆ 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー