ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

冬場のおねしょの洗濯は大変!防水掛け布団カバーを使ってみた。

寒くなってくると、おねしょの洗濯って本当に大変ですよね。なんてったって、掛け布団が濡れるとなかなか乾きませんから・・・。夏場はタオルケットとか肌布団で、洗っても比較的早く乾くし、複数枚持っていてもかさばらないし、お値段も手頃だしなんとかなっていました。

掛け布団二枚持ちって、財布と場所の確保に問題が。

掛け布団の予備をもち、2枚ともおねしょに使ってしまうのってなんだか複雑ですよね。場所もとるし、けっこうなお値段だし・・・。まさか、お客様用布団用におねしょしまくりっていうのもどうかとおもいますし。ま、めったにお客様が泊まることもないし身内がほとんどですが、いくら洗濯してても「おねしょ布団」と聞くと、うれしくはないですよね。

防水シーツがあるので防水かけカバーはないか探してみた

ありましたよ。どうやら、ペットが布団の上で寝るのでそのオシッコ対策ようのようですが「防水」ありました。防水シーツは子供から大人まで色んな種類が販売されているのに、掛けカバーの販売が極端にすくなく動物用というのは不思議です。

もしかして、掛け布団に吸収させるかのようにしがみついておねしょをしているのは我が子だけ!?それに、男の子だったら仰向けで寝ていておねしょをすると濡れると思うんですが・・・。

色々と疑問はありますが、それなりの年齢になってきたので周りの人にはつっこんできけないんですよ。

 

www.hanahira.net

防水かけカバーを購入して、よかったことと問題点。

おねしょをしても布団が本当に濡れないのでその点では大満足。

でも、問題点も!

①洗濯が大変!

防水仕様なので、洗濯機が止まってしまうことがあります。また、干すスペース も必要です。防水のためか水が垂れるので、室内に干すと床に水たまりができることがあります。結構、洗濯に手間がかかるのです。

②肌触りが普通と違う

防水仕様と考えれば、これだけの肌触りで感動します。でも、やはり普通のかけカバーと比べるとちょっと違和感があります。自分のことなら我慢できますが(私はおねしょをしないので必要ありませんが!)子供はチョット嫌そうでした。

③冬になると毛布が必要

春・秋はこれ1枚で大丈夫です。でも、寒くなってくると毛布が必要です。できれば、掛け布団の下に毛布がほしい肌触りです。そうすると、毛布が大半吸収してくれるので(涙)掛け布団まで被害がいくことは少ないです。

  値段が大きく違っています。これは、防水面が片面と両面との違いも関係しています。購入の際には片面か両面かを確認して購入されることをおすすめします。

 

その結果

防水かけカバーは結局使わなくなりました。やはり、干すスペースに限りがありますし、防水なので干した下に水が落ちることを考えると干せる場所も限られます。防水シーツは絶対に外せないので2枚も干す余裕はありませんでした。

なので、早く乾かせるような性能がいい布団乾燥機がほしいです。色々とネットで探したり、お店を回って考えてみようと思います。靴が乾かせる機能もついているのがいいなぁ〜と欲張っているところです。

 

防水かけカバー、魅力的に感じていても手が出せない方がおられるのではないでしょうか?商品的にはよいものだと思います。布団が濡れないのはとっても嬉しいですから。

ただ、洗濯後の扱いが大変なんですよね。

もし、干すスペースならたくさんあるよーという方なら快適に使えるのではないかと思います。

おねしょに悩んでいるみなさん、一緒に冬場の洗濯がんばりましょう!!

 

www.hanahira.net

 

 

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー