ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

ハナヒラのあたまの中〜少数派の子供達との生活〜

乳幼児健診・就学時健康診断でひっかかったらどうする?いっぱい泣いて、いっぱい悩んで一歩ずつ進んだり立ち止まったり振り返ったり・・・。

親が忙しいとき・急いでいるときに限ってこどもに何かが起こる不思議。

こどもと一緒に外出するとき、「さあ、いくよ!」とバタバタ準備した時に限って何かが起こりませんか?


・出発直前に「うんち〜」
・出発直前に「おしっこでた」
・出発直前に「ギャン泣き」
・出発直前に「いきたくな〜い」
等々、多くの方が経験されているのではないでしょうか?
私も、毎日のようにこれに悩まされていたのですが、こどもに改心してもらうことは無理なので、なんとかならないかと考えた末の対策を残しておこうと思います。

f:id:hirasol169:20170107113316j:plain

忙しい理由と、急いでいる理由

バタバタするには理由があります。大抵は「時間がない」からです。
では、なぜ時間がないのでしょう?
準備している間に、どんどん時間がなくなっているんですよね。
 時間さえあれば、こどもをせかすこともなく出発できます。わかっていても難しい。

 子供の準備と同時進行はできないと考える

「こどもがご飯を食べている間に、洗濯物をほして・・・」
「こどもが着替えている間に、朝ご飯を作って・・・」
「こどもが出発準備をしている間に、自分の身支度して・・・」
と、普通考えますよね。で、そうしてますよね。はい、私もそうです。
 
で、そんな時に限って
「ご飯を食べない」「ご飯をこぼす」
「着替えられな〜い」「お母さんやって〜」
「何をしたらいいのかわからな〜い」
となるのです。いつもなら自分でできているのに、親が他のことをしているとなぜかできないのです。不思議ですよね〜。
 
どうも、子供は、親がしていることをよく見ています。よく見ているので、自分がすべきことを忘れてしまいます。また、ぼーっとしてしまって粗相します。
また、親がバタバタソワソワしていると、通常よりももっと見てしまいます。いつもと違うから余計にじっくり見ます。
 
ここで、注意してもまた、親に注意がむくので逆効果。
子供が準備する段階では、親は自分の準備を出来るだけ終わらせておきましょう
(これができないので困るんですけどね・・・)

 こどもは出発時間や行き先を知っている?

当たり前のようにこなす毎日のルーティンの場合、親はこどもが「知っているはず」と思っていることは多いと思います。なので、「保育園に行くのにグズグズしないで!」と思っていたりするのです。でも、子供は保育園に行くことを果たして知っているのでしょうか?毎日行っているからといって、知っているとは限りません。
「ちゃんと、言ってる」
かも知れませんが、言ったことを聞いてますか?それを覚えてますか?
私たちもそうですが、気がないことは頭に入りません。
 
親にとって、「保育園に遅れずに行くこと」は至上命題のように大事なことです。
しかし、こどもにとってはどうでもいいことだったりします。
 
このへんのずれをなおす必要があります。
ホワイトボードや掲示板などを作って、「保育園に行く!」ようなカードをはり「見ればわかる」というようにしておくと、親とこどもとの目的が一致していくのではないかと思います。
 

急いでいる時の自分の顔って知ってる?

忙しいとき、急いでいる時の自分の顔がどうなっているか知ってますか?
恐らく、顔は恐くて、眉間に皺がよってたりすると思います。
まとう雰囲気はピリピリしていて、近寄りがたいと思います。
 
普通なら、こんなとき近寄りたくはないですが、
こどもが「普段見たことがない顔っておもしろ〜い」
って思ってしまったらどうでしょうか?
 
そして、じーっと注目してしまうのです。
注目していると、
・自分のことはできない
・トイレにいくのを忘れる
という、親がイライラする行為をしてしまうのです。
 
こどもにとって「いつもと違う」のはどうしたらいいのかわからなくなることがあります。いつもと同じように出かけるなら、自分でしていたことはできるのに・・・。
こんなこともあります。
 
忙しい、時間がない時は、イライラピリピリしてしまいます。
そこを、表面上だけでも余裕そうな顔をしていると、違ってくるかもしれませんよ。
 

つまり・・・。

「親が忙しいとき、急いでいる時に限ってこどもに何かがおこる」のは、
親がいつもと違う雰囲気、行動をとるので、こどもが戸惑ったあげくにいつもと違うことが起こってしまうということです。
そんなこと言っても、時間ないし・・・
ってなりますよね。
 
多分、毎日毎日何年も繰り返しているうちに、自分なりにどうしたら効率よく動けるかが少しずつ身に付いていくと思います。
そのうち、「できない」じゃすまされなくなりますから。
 
最初から、完璧なすばらしいママっていますよね。
端からみていると、まぶしくて仕方ありません。
そんな人もいます。
でも!!
そうではない人だってたくさんいるのです!!
私もそうです!!仲間たくさん欲しいです(笑)
自分が「できてない」って思うのではなくて、「できてないのは自分だけじゃないし」「いや、むしろ自分の方がマシかも」とか思ってて大丈夫です!!
実際、他人から見たあなたは「結構できてますよ!!」

COPYRIGHT ©2016 ハナヒラのあたまの中〜少数派子育てはむずかしい〜 ALL RIGHTS RESERVED.

プライバシーポリシー